fbpx

家が沈む?ログハウス専門会社が教える「セトリング」とは?

代表 中川
代表 中川
ログハウスが沈むというお話を皆さん聞いたことがありますか?
え!聞いたことないです!!どういうことですか?
ログハウス相談者
ログハウス相談者
代表 中川
代表 中川
それでは今回はログハウスの大きな特長の1つ木が縮む「セトリング」という現象についてお話ししたいと思います。
ログハウスを建てる際は、木の特性を知らないと大変なことになります。
ログハウスをご検討中の方はぜひこの記事を通して、理解を深めていただければと思います。

 

ログハウスの特長「セトリング」とは?

セトリングの説明

代表 中川
代表 中川
「セトリング」とは、ログハウスの材料 木に含まれている水分が徐々に抜けて木が割れたり、縮んだりすることです。
そんな現象が起きてせっかく建てたログハウスや生活に影響はないんですか?
ログハウス相談者
ログハウス相談者
代表 中川
代表 中川
ご安心ください!
きちんとした知識と経験があれば大丈夫です。
順番にご説明します。

 

セトリングとは① 割れる木材

代表 中川
代表 中川
上記の写真はひのきの丸太です。
木は上下に縮むことはありません。
だから、3mの長さの木材は3mのまま。
4mの長さの木材は4mのままです。
でも木は水分を含んでいるため、木の表面から芯に向かって徐々に乾燥するとこのように太さ・直径の部分が少しだけ縮んでいきます。
その縮む時に発生する力の逃げ場がないと、上記の写真のように割れます
いきなりパカンとは割れません。
そして全部芯に向かって徐々に割れるため、芯から先は割れないんです。
家の材料となる木材が割れてしまうのは大丈夫なんですか?
ログハウス相談者
ログハウス相談者
代表 中川
代表 中川
割れても強度としては問題ありませんので、大丈夫です。
これもまたログハウスの味ですね。

 

セトリングとは② 縮む木材

代表 中川
代表 中川
続いてのセトリングの現象、木が縮むと言う事についてご説明します。
先ほどもお伝えしたように木の水分が減って徐々に乾燥する事により、木は上下ではなく太さ・直径が縮んでいきます。
一般の住宅は柱をメインとして建てているため何十年経っても縮むことはありませんが、ログハウスは横に積んでいく工法のため、1本の丸太が例えば2mm~3mm縮むとします。
そうすると10本の木材を積んだ場合は2cm~3cm縮むということです。
2mm~3mmなら大したことないかなと思いましたが、2cm~3cmとなると大きな数字になりますね。
ログハウス相談者
ログハウス相談者
代表 中川
代表 中川
そうなんです。
そのためログハウスを施工する場合、2.0%~2.5%壁が徐々に下がるということを必ず想定して施工をしなくてはいけません。
最近の木材は乾燥の精度が高くなっているため縮む率は減っていますが、それでも施工する際はセトリングを考慮してログハウスを作ります。

 

「セトリング」を考慮せずログハウスを作るとどうなるの?

セトリング ログハウス内装

セトリングについて知らず、ログハウスを作った場合はどうなるんでしょう?
ログハウス相談者
ログハウス相談者
代表 中川
代表 中川
セトリングについて知らずに施工すると大変なことになります!
先ほど2.0%~2.5%壁が下がる想定をするというお話をしましたので、例として2.3%下がると仮定しましょう。
1mの壁で2.3cm
2mで4.6cm
3mで6.9cm


これだけ縮む・壁が下がる計算となります。
3mで約7cmも壁が下がる。
すごく下がりますよね。
しかも ただ壁が下がって隙間ができるだけではなく、壁が下がることによって家自体にいろいろなことが起こります。
具体例をお出ししてご説明しますね。

 

セトリング具体例① 床

【例】
外壁・室内を全てコーナーで交差させるノッチ組みで施工するとセトリングは解消されます。
しかし、トイレやクローゼットまでノッチ組みを行うのはもったないため、あまり行いません。
通常ですと一般住宅でも行われる部屋を仕切るための壁を支える細い柱(=間柱)を立てて、板を貼って壁を作ります。
その際、間柱は立っている木材のため縮みません。
そして、セトリングを考慮せず「縮む壁」と「変わらない間柱」の組み合わせによるログハウスを建てると、半年くらいで2階の寝室の床が盛り上がってきたという現象が起こり得ます。
また力に耐えきれず、間柱が割れてしまいます。

 

【対策】
壁が下がることを想定してログハウス施工を行います。

 

セトリング具体例② 階段

【例】
階段もセトリングを考慮しないと、壁が下がった際に1階の床に負荷がかかります。

 

【対策】
壁と一緒に階段が徐々に下がり、ちょうどよいところで落ち着くように計算して、最後の段差を少し高くして施工します。

 

セトリング具体例③ 窓

【例】
ログハウスを建てた際に、窓枠をピッタリはめてしまうとセトリングの現象で窓に徐々に負荷がかかり、耐えきれなくなって窓が割れてしまいます。

 

【対策】
対策としてセトリングで窓が割れないよう窓の上に隙間を作ります。
隙間風が入るのでは?と心配される方もいらっしゃいますが、クッション性のよい断熱材を入れるため問題ありません。
施工時はセトリングで壁が下がり断熱材が押された時のサイズも計算に入れて、最終的にピタッとなるように隙間を空けます。

 

セトリング具体例④ 洗面所・トイレ

【例】
2階に水回りの洗面所・トイレをつけた際、セトリングについて知らずに施工を行うと大変な事になります。
洗面所の場合、床が下がると一緒に洗面台も下がります。
そして洗面台とセットになっているはずの、蛇口だけが元の位置のまま浮いて残る状態となります。

また下がる力に耐えられず、壁内の水道管やトイレの配管が破裂し水浸しになる可能性もあります。

 

【対策】
このような事が起きないようにフレキシブル配管というグニャグニャと曲がる管を使う。
トイレは直径の違う管を組み合わせて、多少動いても問題ない配管を使用するなどの工夫をします。

 

セトリングによって、床・窓・階段・水回りなど家全体に影響が起きるんですね。
ログハウス を作るビルダーさんの技術が大切になってきますね。
ログハウス相談者
ログハウス相談者
代表 中川
代表 中川
そうなんです。
ログハウスは一般住宅とはまた違う建物のため、ログハウスの特長を知って、それに合わせた対策をとることが本当に大切ですね。

 

「セトリング」はいつまで起こるの?

セトリングは家を建てたら、ずっと起こり続ける現象なのでしょうか?
ログハウス相談者
ログハウス相談者
代表 中川
代表 中川
そんなことはないです。
大体4年くらいで落ち着きます。
梅雨時になれば水分を含み少し木が膨らんだり、冬乾燥すると少し縮んだりしますが、それは本当に小さな数値ですので気にされる必要はありません。

 

ログハウス施工に適した会社とは?

ログハウス会社

セトリングについて知らない会社にログハウスの施工を依頼するのは難しそうですね。
ログハウス相談者
ログハウス相談者
代表 中川
代表 中川
そうですね。
ログハウスの知識があり、腕のいい大工さんがいる会社でも実際セトリング以外のログハウスのことや、水道や電気について的確な指示・依頼ができるか?となると、なかなかうまくいかないことも多いようです。
そうなんですね。
それではどういう会社にログハウスの施工をお願いすれば良いのでしょうか?
ログハウス相談者
ログハウス相談者
代表 中川
代表 中川
ログハウスの知識のある大手工務店などにご依頼されるのも良いですが、できればログハウスの施工経験のある専門の会社に依頼された方が良いと思います。
もちろん夢木香も30年以上ログハウス専門でやっていますので、ご依頼いただきましたらしっかり対応させていただきますし、その他のログハウス専門の会社でももちろん大丈夫ですので、ぜひ専門家に依頼することをおすすめします。 
餅は餅屋。ログハウスはログハウス専門会社。ですね。
ログハウス相談者
ログハウス相談者

 

「セトリング」についてのまとめ

■セトリングとはログハウスの材料の木の水分が徐々になくなり割れたり・縮むこと
■セトリングは木を横積みにして建てるログハウス独特の現象
■セトリングを考慮せずログハウスを建てると床・階段・窓・水回りなどに影響を及ぼす
■セトリングはログハウスを建てて、約4年ほどで落ち着く
■ログハウスの施工はセトリングなどログハウスを特長を熟知した経験値の高い専門会社がおすすめ
ログハウスを建てたい!と思ったら、まず自分自身ログハウスについて知り、それに対応できる会社選びをきちんとすることが大切ということが今回のお話しで身に沁みて感じました。
ログハウス相談者
ログハウス相談者
代表 中川
代表 中川
そうですね!
長い時間暮らす家ですので、ぜひ後悔をせず愛着の持てるログハウスを建ててください。
ログハウスはセトリング以外にも様々な特長があります。
ログハウスの魅力や特長について、お伝えしているページがありますのでこちらもぜひ合わせて読んで理解を深めてください。