夢木香が檜にこだわる理由

今こそ檜ログ!
最高級建材ヒノキですが、今までログハウスにはあまり使われてきませんでした。
ログシェルに加工するには最低でも直径300㎜の太い幹が何本も必要で、価格的に難しかったからです。
ところが、建材の多くを集成材で賄うようになった昨今、逆に太い幹は流通しなくなり、ログシェルに適した材が手に入るようになったのです。
ログ材がヒノキだったらこんな最強な家はないと考えました。
いち早くログの加工提携会社と一緒にラミネート、フィンガージョイントなど加工技術を極め、ついにこだわりの高さ203㎜檜ラミネートログを完成させました。

ヒノキはなぜ神社仏閣に使われるのでしょうか?

日本書紀に「スギとクスノキは舟に、ヒノキは宮殿に、マキは棺に使いなさい」と書かれています。ヒノキは古くから宮殿建設用として最適で最高の材と言われてきました。
法隆寺、薬師寺の塔は1300年経ってもなお維持されているほどです。神の木とも言われ、少し神秘的な感じのヒノキですが、建築材としての強度はデータでも証明されています。伐採してから200年はさらに強度を増し、その後1000年で伐採時と同等の強度までしか落ちないことが分かっています。耐久性、保存性が世界最高と言われるゆえんです。

夢木香とヒノキの関わり

ログハウスに暮らす心地よさをログハウスに住んでいない人にも届けようと、2013年ヒノキのアロマ事業に着手しました。
ヒノキに着目し、名古屋大学と共同研究により、ヒノキが持つ消臭効果、除菌効果を第三者機関のデータのもと解明し、ヒノキの精油と蒸留水の販売を始めました。このほか、ヒノキにはリラックス効果、ストレスホルモンの減少、免疫力アップ、がん抑制、蚊の忌避効果などがあるとされています。(ヒノキについてのデータは実はログハウスの夢木香が一番持っているとも言われたほど徹底的に研究しました)

ログハウスがきっかけでヒノキの生活用品を手がけましたが、ヒノキを徹底的に研究した結果、今度は、ログハウスにヒノキを使うときがやってきたのです。