ポストアンドビーム

こんにちは。
カナダ、Moore Log and Timber Homesの日本人スタッフの豪です。

A様邸ポストアンドビームの加工、進んでいます!

resize1031

resize1032

resize1033

resize1034

このブログを読んでいる方ならすでにご存じだと思いますが、
ポストアンドビームとはログハウスの種類の一つで、丸太を横向けに積んでいくのではなく、
丸太をポスト(柱)とビーム(梁)として使用して建てるログハウスです。
ちょうど、日本の在来工法と似た建て方になります。

在来工法での、四寸角(120mm)や三寸五分角(105mm)の材料の代わりに
平均直径15インチ(380mm)の材料を使用するのですから、迫力は満点です。

建て込みするときなんかは近所の人がみんな見に来るので、鼻高々なんですよね。
自分の家じゃないのに。

弊社には日本人スタッフがいる事を有効に活用し、木のつなぎ目である仕口や継ぎ手には
結構日本の技術を使ったりしています。
ポストアンドビームの家は、日本の木造建築技術をカナダのウエスタン・レッド・シーダーに
使用した贅沢な建物なのです。

また、カナダという国の性質柄、スタッフは色んな国の職人が来ています。
ですので、箇所によっては日本の技術だけではなく最良の方法を選択して加工しています。


マニアックな方のために、テクニカルな情報はまたアップします。: )