図面作成をご紹介します

こんにちは。
カナダ、Moore Log and Timber Homesの日本人スタッフの豪です。

A様邸 ポストアンドビーム ログ加工図面始めました。

図面作成にはAutoCAD Architectureを使っていますが、こんな感じで作成しています。

コンピュータ上で実際の大きさのログハウスを3Dで作成して、
構造の確認や間仕切りのためのフラットカットなど細かいところもチェックしていきます。
そして作成した3Dモデルから平面図、立面図を描き出します。
そうすることによって図面の整合性が保てるので、平面、立面で図面が違うということもありません。
こうやって作成した図面を夢木香さんのスタッフと何度もやり取りをして仕上げていきます。

canada07

canada07b

3Dで描いた図面は、躯体の情報をすべてリストとしてExcelにも書き出せるので、
材料の拾い出しやプロジェクトの管理にも役立ちます。
また、加工スタッフが図面を把握するスピードもずいぶんと違いますし、
一番のメリットはお施主様にビジュアルで建物を見て頂けることです。

普段お客様に出しているのとは違う形式ですが、こんな感じのものをお見せしています。

中央のスタートボタンをクリックすると3Dのローディングが始まります。
その後、カーソルが手を開いたマークに代わりますので図面をくるくるしてください。



次はあなたの夢のログハウスをデザインします!