フレアバットスタイル ハンドカット

こんにちは。
カナダ、Moore Log and Timber Homesの日本人スタッフの豪です。

ログを乗せる「馬」が隠れてしまうほど積もった雪もすっかり溶けて、
ロシア行きのハンドカットが順調に進んでいます。
(ちなみに英語でもログを乗せる「馬」のことは「ホース」といいます。)

resize3010

resize3007

雑誌などで見たことある方もいるかと思いますが、今回のロシア行きのプロジェクトは
根っこ材を交互に積んでいく「フレアバットスタイル」です。
根っこ材は棟木や母屋には良く使用するのですが、ログ壁に使用するとすごい迫力でしょう!
材料があまりにも大きいのでダイアモンドノッチで組んでいます。

resize3009

サドルノッチはノッチを受ける丸太の上の形が馬のサドル(鞍)に似てるからですが、
ダイアモンドノッチは何故か知っていますか?
ノッチを切った後がダイアモンドに見えるからです。

resize3008

乗る側のログにもスカーフを切らないといけないので仕事量は多いのですが、
スクライブラインがまっすぐなので、カットがとても楽です。
一発で切ってほとんどブラッシングなしでいけます。
この大迫力のスタイル、日本で建ててみたいですね。


スクライブの話が出たので、うちのスタッフみんなが使っているスクライバーを紹介しましょう。

resize3011

ギアヘッドというスクライバーです。
根元にギアが入っていて、上下同時に開くので水平器を合わせる必要がありません。
ペンも鍵の形をしていますが、くるくる回してもペン先は同じところから動かないので、
スクライブ幅は変わりません。
スクライブ幅を決定した後にプラムボードまで行って水平器を合わせなくていいのは本当に楽です。
何が一番良いって、やっぱり形がカッコいいですね!!
道具フェチの男ごころをくすぐります!