良いお母さんと苺サンド

こんにちは、オーナー ママです 😛

 

我が家には子供が二人おりますが、子供にとって『良いお母さんとは、何でしょう?』

先日、子供が憧れる『良いお母さん』を見つけることができました。

それは、読み聞かせした本に出てきました。

二人の幼い兄弟が、近くの森に探検に行く為に、お母さんにお弁当を作ってくれるように頼みます。

するとそのお母さんは、苺と蜂蜜をパンではさみ、サンドイッチをすぐに作ってくれるのです。

おにぎりではなく、苺サンドを。

 

すると我が家の子供達は、「うわ~、いいなぁ!苺のサンドイッチだって!」と目をキラキラ輝かせ、「良いお母さんだなぁ」と言うではありませんか。

 

そりゃ、良いお母さんでしょうよ。すみませんね、こちらは、良いお母さんでなく…。

お話の世界ではできることでも、現実では難しいことの方が多いのですよ。

そもそも、突然お弁当を作れと言われ、冷蔵庫にたまたま苺なんてないし、パンだってサンドイッチ用の薄切りなんて常備していないってもんですよ。

 

でも、毎日の様に「良いなぁ、苺のサンドイッチ」と二人とも言うので、本当のお母さんも作りましたよ。

スーパーで苺を買、とパン屋で食パンをサンドイッチ用に薄切りにしてもらって。

 

 

良いお母さんになれたかな?と思っていたら、また作ってと…

良いお母さんへの道は遠そうです。