蝶々観察

こんにちは、オーナー ママです 😛

 

お姉ちゃんとパパがドッチボール大会中、弟くんは私と虫捕りに出かけましたよ。

その日は蝶々が沢山飛んでおり、蝶々ホイホイの如く捕れました。

弟くんも蝶々捕りが随分上手くなり、虫網からカゴへ移すのも全部自分でやりました。

蝶々を持つたびに、クシャークシャーと音がするので、つい手伝いたくなるのですが、そこは我慢です。

14匹もカゴに移す頃には、手際もずっと良くなり、何事も練習なんだなと思いました。

蝶々にはホント気の毒ですが・・・。

 

蝶々を何匹も掴んでいる間に、弟くんは「あ、目が黄緑色だ!」と発見。

そこで、持ち帰ってルーペで観察することに。

持ち帰った虫達を逃がしてみると、死んでしまった蝶々が1匹。

「これを観察する!」と掴んで部屋に入ってきた弟くんの目は輝いていました。

ついこの前までは、生きている虫には怖くて触れなかったのにね、頼もしい限りです。

 

ルーペで蝶々の目を見れば、複眼が見れるのかと思っていましたが、手持ちのルーペでははっきり確認できませんでした。

レンズを重ねられるルーペなんで、かなり高倍率かと思うのですが。

それと、鱗粉。

こちらもルーペで見れば、うろこ状に見えるかと思ったのですが、粉があることは見えましたが、図鑑に載っているようには見えませんでした。

 

こりゃ顕微鏡がいるな・・・。

でも顕微鏡の前に子供用の虫めがねを買おうかな。

大人用のルーペでは、レンズ自体が小さくて、幼稚園児には扱いにくいです。

やっぱり探偵が持っているようなイメージの虫めがねでなければ、子供は対象物を見ることが出来ないんですね。

高倍率よりも、先に、観察重視で練習しようかと思いました。

 

開催日
開催時間
開催場所
MAP

見学会・相談会のご予約はこちら

見学会は大変混み合う場合がございます。
日時のご予約をいただけると大変スムーズにご案内させていただけます。

[contact-form-7 404 "Not Found"]