現場見学(京都3)ちょっとした工夫それが・・・

こんにちは、オーナーパパです 😎

京都府木津川市の現場、その後行ってきました。

 

去年暮れに上棟し暫く見ない間に工事は着実に進み、今は調度、屋根の瓦葺きと内部は断熱工事を行なっていました。

 

家を長持ちさせるちょっとした工夫・・・

瓦を乗せる瓦桟 この横方向の桟木の下にある縦桟(木摺キズリ)

ささいな材料ですが、これがあるのと無いのとでは屋根の耐久性に大きな差が出ます。

瓦そのものでは雨水の浸入を防げません。防水はあくまでもその下のルーフィング材の役目。

雨が吹き込めば瓦の下には必ず雨水が侵入します。

このキズリが無いと、雨水は瓦桟でストップ。なかなか瓦下は乾かず、瓦桟や野地板を傷めやすくなります。

キズリがあれば、瓦桟の下に隙間ができ、速やかに雨水を排出します。

 

家が出来てしまえば見えなくなる所。

総建築費からすれば、ほんの極々わずかな費用。

でも、本当はとても大切な所・・・。

 

大切な所で言えばもう一つ。

雨水浸入を防ぐ工夫

板金処理。

ログエンド、母屋、梁の天端を板金で防ぐ。

これも目立たない所ですが、耐久性や雨漏りに大きく影響する所。

 

今回は、家造りのこだわり、さりげない気遣いを見させてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日
開催時間
開催場所
MAP

見学会・相談会のご予約はこちら

見学会は大変混み合う場合がございます。
日時のご予約をいただけると大変スムーズにご案内させていただけます。

[contact-form-7 404 "Not Found"]