長良川の鵜飼

こんにちは、オーナー ママです 😛

 

先週、岐阜県の母方の実家へ遊びに行きました。

今は誰も住んでいないのですが、毎年この時期に長良川の花火大会を見に遊びに行っています。

無人の家に急に泊まりに行くのも大変なので、東京から母も来てくれます。

今年は、子供達が少し大きくなったので、鵜飼を見に連れて行ってあげました。

 

見物用の船に乗る前に、鵜匠さんによる鵜飼の説明がありました。

実際に鵜に鮎を飲ませ、吐き出させる実演を見た子供達は衝撃を受けておりました。

「わ~、大きな黒い鳥が魚を食べた!」と思ったらドバドバドバッと5匹程の鮎が口から出てるとは・・・

絶句するほど、驚いておりました。

 

私が子供の時とは随分、色々なことが変わっていました。

川の様子も、川沿いの町並みも景色が変わりました。

川はきれいに澄んでいましたが、水量が減り、川沿いは高い建物が建ち並んでいました。

また、見物用の乗り合いの船にも変化が・・・。

以前は手漕ぎだったのですが、モーターが付いており、移動も早いしモーターの音は煩いし、なんだか風情がなかったです。

その代わり船頭さんが随分若年齢化しておりました。

船頭のなり手がなくて文化が廃るより、文明の利器を取り入れることも伝統を守る手立てかもしれません。

 

子供達は始めて乗る見物の船、鵜匠さんの姿、松明の明かりと刺激一杯だったようです。

5歳と3歳と幼い姉弟ですが、口々に「楽しかった」、「面白かった」と言っておりました。

そして、お姉ちゃんが「でも、黒いアヒルが可哀想だった」と・・・。

あ~、アヒルじゃないんだよ、鵜っていう鳥なんだよ!!

なかなか幼稚園児には難しかったかな 🙄

 

開催日
開催時間
開催場所
MAP

見学会・相談会のご予約はこちら

見学会は大変混み合う場合がございます。
日時のご予約をいただけると大変スムーズにご案内させていただけます。

[contact-form-7 404 "Not Found"]