薪ストーブ依存症

こんにちは、オーナー ママです 😛

 

ストックしている薪が本当に少なくなってきたので、近頃は薪ストーブを頻繁に焚かなくなりました。

午前中から日中にかけては、石油ストーブと日差しの温もりで過ごしています。

薪ストーブに火を入れるのは、夕方、日が陰る前です。

気温が落ちてくる前に、シャッターとカーテンを閉め、万全の態勢で薪ストーブを夜まで使っております。

だから、自宅に居る時間が長い2歳の弟くんは、「ママ~、ストーブついてないよ」としょっちゅう言っております。

 

5歳のお姉ちゃんは、幼稚園から帰宅した際に、薪ストーブがついていないと、「なんで薪ストーブついてないの?」とやや怒り気味・・・

ママだって使いたいけど、薪がないんだよ 😥

 

夫は、乾燥した薪を購入しようと、最近、ネット検索をしております。

どこも予想以上に高くて・・・。

配送してもらうにしても、最低購入可能数があったりと気軽に試し買いもできないので、購入先を決めかねている様子。

 

子供達が、「薪ストーブがついてない」と煩いので、「もう薪がなくなってきちゃって、薪ストーブが使えないんだよ」と説明すると、お姉ちゃんは「え~っ!何で?ど~するのよ!」と本気で困っていました。

いやいや、昨シーズン迄は断熱材すら入っていない古い家で、石油ストーブで過ごしていたでしょうが。

今は薪ストーブがなくたって、寒くはないでしょうよ!

 

そりゃ、そうなんですが・・・

ホントに火がない生活は物悲しいのですよ。

逆に火のある生活は楽しく、明るいのです。

あ~、家族全員薪ストーブ依存症だな。

薪ストーブ愛用者は皆さんこんな感じなのかな?

開催日
開催時間
開催場所
MAP

見学会・相談会のご予約はこちら

見学会は大変混み合う場合がございます。
日時のご予約をいただけると大変スムーズにご案内させていただけます。

[contact-form-7 404 "Not Found"]