焚き付け木も足りない

こんにちは、オーナー ママです 😛

 

昨日、薪が足りない話を書きましたが、同様に焚き付け木も足りないんですよ 🙁

煙突が詰まる前までは、如何に少ない焚き付け木で火が付けられるか競争(VS 夫ではなく、自分自身内でですよ)をしていた節があり、少ない本数でつけられた方が上手みたいな勘違いをしておりました。

 

夢木香の薪ストーブアドバイザーのNさんによると、焚き付け木は薪と同量必要だそうです。

ホント、驚きでした。薪棚だけでなく、焚き付け木専用棚が要るんだそうですよ!

 

左の写真はNさんの焚き付け時のもの。

物凄い焚き付け木の量ですよね!山盛りですよね。

更に、火力は空気レバーで調整せず、薪で調整して下さいと、これまた衝撃発言でした 😯

部屋が寒ければ火力が強いうちに薪を足す、部屋が十分暖まったならば次の薪を入れないのだそうです。

そうすると当然火が弱まってきますから、遅らせた薪を入れる際には炊き付け木を一緒に入れるんだそうです。

薪もそうですが、炊き付け木をケチってはいけないんですよね。

そうとは知らず、頻繁にレバーをいじっておりました。

空気を絞れば長く燃焼しますが、当然必要な空気量がない訳で、不完全燃焼を起こしているんですよね。

毎回、炉窓が真っ黒に汚れていましたが、良く考えると炉窓が汚れる=煙突にも煤がついているんですよ。

「ネスターマーチンなんて、ホントに良いストーブですから、窓なんて殆ど汚れないですよ。」とNさんおっしゃってました。

その時は「ぇえ~?!ホントですか?」と言ってましたが、Nさんのおっしゃる通りに薪ストーブを使うようになってから、炉窓が汚れません。

あれから、拭いてません。ホント、ビックリです。

 

あ~、煙突詰まる事件から、毎日薪ストーブのことばかり考えている私。

心の半分は薪の心配。

薪残量がまるで心のバロメーターようです 😐

 

 

 

開催日
開催時間
開催場所
MAP

見学会・相談会のご予約はこちら

見学会は大変混み合う場合がございます。
日時のご予約をいただけると大変スムーズにご案内させていただけます。

[contact-form-7 404 "Not Found"]