fbpx

夢木香のYouTube #11

<夢木香のYouTube #11>ログハウスの誤解について

今回は4階でもなく6階でもなく5階のお話です。

動画の中にQ値とC値が出てきますので少し補足を。

どちらも建物の性能を表現する値です。
Q値=熱損失係数は「どれくらい熱が逃げにくい家なのか」を表す数値で家の断熱性能を示します。
断熱性能が高ければ高いほど、小さい値になり性能の高い家です。

(動画には出ませんが、最近ではQ値ではなく Ua値=外皮平均熱貫流率 を使うことが一般的です。
Q値は断熱性能を床面積で割った値(換気による熱損失も考慮)だったのに対しUa値は屋根や外壁窓それぞれの面積で割るのでよりわかりやすい指標になります。
換気の熱損失や、設備機器の性能は、別の一次消費エネルギーの算出で求めます)

計算で求めることができる数値です。

C値 = 相当すき間面積
計算式は住宅全体すき間の合計面積(単位㎠)/延べ床面積(単位㎡)
こちらも小さい値のほうが良い数字です。高気密の住宅と言えます。
一般的な住宅のC値は10㎠/㎡と言われています。が最近では住宅の性能も上がっているのでどこの会社も概ね5㎠/㎡はクリアしているイメージです。

次世代エネルギー基準ではIII地域以南で5㎠/㎡、II地域で2㎠/㎡と規定されていましたので、このラインをクリアすると高気密住宅と呼ばれていました。
実際はC値=5では計画換気はしにくく、計画した給気口以外の箇所から流入する空気のほうが多くなります。

実際に建てた建物で気密測定をしてはじめてわかる数値です。

なんだかマニアックになってしまいましたが、
夢木香のログハウスは一般住宅と同等のUa値・Q値を持っていて、さらにそこにログハウスの蓄熱性や表面のあたたかさが加わってると考えていただければOKです!

※2021年4月より、省エネ性能告知が義務化されます。
夢木香のモデルプランは2018年のシマント改正時よりすべて基準をクリアした性能の建物です。

過去のyoutube